琥珀の湯、温泉運用システム図

運用方針
←現館主が自分で設計管理しております温泉の運用システム図です。掛け流し、循環併用、加温、無加水、無薬品注入で、運用しております。但し週に1回(主に月曜日に一度浴槽に水道水をためて塩素殺菌剤を投入し、1時間程
循環系のポンプを運転して消毒後水道水は捨てて、温泉を入れ直しております。この意味での消毒剤は使っておりますが、お客様が温泉入浴されますときには一切薬品注入しておりません。

衛生管理と清掃ポリシー
 掛け流し併用ではありますが、毎朝9:00から12:00までの間に全浴槽一度カラにして、浴槽、浴室の清掃と、ヘヤキャッチャの開放清掃をいたします。
 担当:高橋、本間
 
配管と熱交換器は簡単に分解できる構造にしてありますので定期的に館主自ら分解清掃しております。

新法によるメタンガス抜き対策は完了しました。

戻る